カードローン

借りたお金は返せるときに払っておけば負担も軽い

MENU

カードローンは返せるときに返してしまいましょう

カードローンには返済期日が設定されています。この期日には必ず元金の返済をしなくてはなりません。

 

例えば返済期日が28日に設定されているのなら28日に返済予定の元金を返すこと、万が一28日を過ぎてしまうと遅延した罰則として元金+利息に遅延損害金も合わせて返済することになるため注意しましょう。

 

また、余裕があるときには28日よりも前に返済することも可能です。要するに前倒し返済ですね。元金の返済をどんどん行っていくことで早く完済できて、また利息負担も軽減することができます。無理をする必要はありませんが、ボーナスなどで余裕があるときにはまとめて返してしまうことを心がけた方がいいでしょう。

 

前倒し返済を活用して利息の支払いを減らす

 

ただし、前倒し返済をしたとしても28日に返済をしなくていいというわけではありません。28日は約定返済となっており、この日に返済を行うという約束がありますので、あらかじめ決められている返済予定の元金は28日にきちんと返す必要が生じてしまうのです。

 

そのため、前倒し返済でまとめて返済してしまったがために、28日に返済するはずのお金がないなんてことにならないように気を付けましょう。返せるときにどんどん返したいですが、計画性を持って返済していってください。

 

プロミスのカードローンキャッシングでも前倒しでの返済が出来るようになっています。余裕のあるときにどんどんと支払いを進めれば利息がその分だけ軽くなりますので、負担を軽減するためにも積極的な支払いをするようにしてください。

利用しやすくなった銀行のカードローン

銀行のカードローンは消費者金融などのキャッシングと比べて金利が低くなっているため、お金を借りるならば、できるだけ銀行を利用したいと考えている人も多いでしょう。

 

しかし、その反面で銀行の審査基準は厳しいというイメージがあり、審査に申し込んでも落ちてしまうのではないかと不安な人もいるでしょう。

 

たしかに、銀行の融資審査の基準は消費者金融と比べると厳しいところが多くあります。しかし、最近の銀行は利用客を増やすためにかなり審査基準が緩和されているのも事実です。

 

たとえば、以前の銀行のカードローン審査では正社員であることが融資をするための最低基準だというところが多く見られましたが、最近では消費者金融と同様にパートやアルバイトとして働く人でも継続的に安定した収入があれば申し込めるようになってきています。

 

また、銀行のカードローンというと審査時間が長くて今すぐお金が必要だという人にとっては少し不便さを感じることもありましたが、最近では融資審査のスピードがとても速くなっていて、申し込んでから2時間、3時間といった短時間で融資が受けられるようになってきています。

 

この他にもコンビニのATMから返済ができたりなど、非常に利便性が高くなっています。

 

銀行のカードローンキャッシングも即日融資に対応するところが増えてきたため、最近では借り入れ先を選ぶのにも迷ってしまいます。そこでこちらのようなキャッシング情報サイトを使うことによって、より効率的に業者の検索が出来るようになるのです。